ボイストレーニングや歌の上達方法について詳しく解説

ボイストレーニングというと、どういう印象をお持ちでしょうか?
上手に歌をうたう為には、リズムの取り方や音程の取り方、強弱の付け方など様々な要素があります。
ボイストレーニングというと、よく高音の出し方の練習であったり、声量を増やすものであったり、ビブラートやファルセットといったような歌うためのテクニックを学ぶものだと思われがちですが、実は歌を上達させるためにはこうしたテクニックだけではなかなか思うように上達しません。
歌は体を楽器のように扱って、心を響かせる音楽を奏でるようなものです。楽器の場合も、演奏者が上手であればそれなりに聞こえはするけれど本当にキレイな音色にならないように、歌もテクニックを上達させるだけではなく体全体をトレーニングしたり、体の使い方そのものを改善していかないと本当にいい歌声を獲得するのは難しいのです。

このサイトでは、実際に歌を上達させるための様々なボイストレーニング方法の紹介や、プロとアマチュアの歌声がどのように違うのかといったような事を中心に、人の心に響くような歌声を獲得するための様々な情報を発信していきます。
ボイストレーニングは独学でできるものとそうでないもの、プロの先生にみてもらうべきものなど色々なものがありますが、このサイトで紹介している内容を参考に、キレイな歌声を獲得してもらえたら嬉しいです。

ボイストレーニングレッスン

音楽スクールに通って気づかされたプロとの壁
私は20代の頃に約2年間、歌手になるためのスクールに通いました。 オーディションを受けて、合格しての入学でした。 幼い頃からいろんな歌の大会に出ては好成績ばかり残してきた私は、それなりに自信があり

歌は身体作りから
歌は体を楽器にして音楽を奏でるものです。だから、歌の上達には体作りのトレーニングを欠かす事はできません。 歌を上手に歌うために重要なトレーニングを中心に、体作りのためのトレーニングをご紹介します。

ロングトーンを練習すると安定感のある声を作ることができる
初めて聞く人の歌を聞いて、安心できる人と心配になる人がいると思います。 音程が外れる「音痴」と声が安定しないことで音がフェードアウトしていく「音痴」があります。音程が外れるのは音がつかめない人なので

ボイストレーニングの思わぬ効果
ボイストレーニングに興味をお持ちの方の多くは、「歌がうまくなりたい」、「滑舌をよくしたい」といった目標をお持ちだと思います。目標をもってトレーニングに通っているうちに、思わぬ効果に気付く方もいらっしゃ